夕焼け空と初夏の幻影



 この世ならざるモノを見たり触れたりできる彼女は、奇妙な女性の存在に気づく。
 それは確かな存在感があるのに姿がうっすら半透明。
 ずっと無視していたんだけど、そういうわけにも行かなくなって・・・。

 そんな二人の物語。
 夕焼け空と初夏の幻影。

<目次>

【1章】
 <1>  <2>  <3>  <4>  <5>  <6>  <7>  

【2章】
 <1>  <2>  <3>  <4>  <5>  

【3章】
 <1>  <2>  <3>  <4>  <5>  <6>  

【終章】
 <1>  


 ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。
 ※ボタンを押すと投票完了です。新しいウィンドウが開いてネット小説ランキングのサイトが表示されます。
 コメントなどいただける場合はこちらのボタンから是非。

【概要とか】
 ・長編(1~3章各5万字程度、終章1万字程度。全体で文庫1冊分くらい)
  「長ぇよ!」とか言わずに一つ、つまんでみておくんなまし。
  もしかしたら勢いでパッと読めるかもしれやせんぜ?




(c) Kazuki Karaki 2009